私が記憶している、最も古い絵画コンクールの参加経験は 小学生の頃です。(小四くらい)
授業で何でも描いて良いとのことで、当時お祭りの屋台で買ってもらったカラーひよこを
育てて飼っていたので、それを描きました。

当時は兄も弟も何かしらコンテストやスポーツ大会に優勝してたりして
トロフィーを持っていたのですが、それが悔しくって 「ぼくもトロフィー欲しい!」とがんばってました。

そして運良く県のコンクールに入賞(銅賞)する事が出来たのですが、
トロフィーやタテはもらえず、賞品は64種類くらい揃った色鉛筆セットでした。

その色鉛筆のおかげで、すっかりお絵描き少年に・・・というお話にはならず
ほとんど使うこともなかったと思います。
ポケモンとドラクエばかりしてたような・・・。

私は写真が子供の頃から苦手なので、自分が写ってる写真がほとんど無いのですが
当時コンクール会場で賞状と色鉛筆を貰ったあとに、会場の外で母と二人で写真を撮りました。

その時のぼくの表情が、笑顔をめっちゃ我慢しててすごいマヌケな表情になってるんですよね・・・。
なんだかんだで嬉しかったようです。
トロフィーではなく色鉛筆だけども。


というわけで(?)、久しぶりにコンテストに参加してみました!

「書泉しおりデザインコンテスト」
PIXIV: http://bit.ly/1bVyzvj

siorin15


















本って良いですよね。
更新のネタがなくなったら、おすすめの本とか紹介してみようと思います。